仕事の合間にスマート目元ケア♪menionご紹介 vol.3

こんにちは、スタッフのマサダです。



今回は、新しいカタチの目元ケアアイテム「hushtime 目元用 menion」の開発背景をご紹介します。


以前は、よく聞く疑問点という内容でご紹介した目元用 menionです。



今回は、menionが生まれるまでの簡単な歴史に触れたいと思います。


menionの特徴は、何と言ってもこのおもちみたいなかわいいフォルム。


このフォルムにたどり着くまでの遍歴を公開します!
(そんな大それたことではないのですが・・・)


1.そもそものはじまり

「パソコンしてると、目がしょぼしょぼ疲れるよね」

という一言からはじまりました。

家に帰ってからのケアはたくさんあるけれど、

とにかく「あ、目をすっきりさせたい!」

って思ったときにその場その瞬間にすぐ使える商品がなかったんです。

そこで、「仕事の合間に目の疲れをとるアイテム」というコンセプトでスタートしました。

仕事の合間に使うんだから、「使っているその姿がかっこいいモノにしよう!」と決めました


2.今のmenionに近づくまで

前置きが長いので、どんな形を経て、今のmenionになったのか写真でご紹介!



1.一番最初の案:こめかみを刺激


こめかみを刺激すると気持ち良いですよね!


振動でこめかみを刺激して、リフレッシュするモノを考案。


あまりにもダサいので・・・なし


2.二番目の案:眉間を挟む機械

これわかりますか?

みなさん目が疲れた時って、眉間をくっと親指と人差し指でつまみませんか?
つまみますよね?

それを表現した機械です。

そのまま指でやった方が気持ち良いので、ボツ。


3.三番最初の案:シンプルに温める!

ここで今のmenionにぐっと近づきます。

「居酒屋でもらったおしぼりを目に当てると気持ち良いよね?」

という発想から生まれました。

(実際はしっかり眼科医の先生に意見をお伺いしてますよ!)

おしぼりを意識したカタチです。

はじめはこんな大きなカタチだったんですね~。
3.ベストフィットなフォルムへ

もう一度原点に立ち返り・・・「仕事の合間に目の疲れをとるアイテム」

さっと片手で、ネットサーフィンでもしながら、仕事の合間に・・・

片目仕様でしょ!!!

ということで、どーーーーーん!


左から右に成長していきました!

木の削り出りから、目にフィットする大きさ、カーブ、持ちやすさなどを落とし込みました。


裏面も試行錯誤して、現在の姿になったのです



こんな風にして、今のmenionはできあがりました。

是非、みなさんこのフォルムを体感してみてくださいね。

contents_face 執筆者:マサダ

京都生まれ、滋賀育ち。
お酒大好き。最近健康を考えて、和食を作る自炊男子。

 

0070-5109_001_main
hushtime 目元用 menion

疲れを感じたそのときに 癒す あたためる
長時間PCやスマホを見る生活を送っている現代人は、画面を凝視することでまばたきの回数が少なくなり、目に負担がかかりやすくなります。
目元を温めることは目の乾燥対策に有効で、医療現場でも目の周りを温める「温罨法(おんあんぽう)」と呼ばれる看護技術が推奨されています。
PC作業の合間にこまめに目元を温め、適度な休憩をとることは目のリフレッシュにおススメです。
・わずか10秒であたたまるスピード設計
・3種類の温度設定
・“感じたその瞬間”にこだわった設計デザイン
・コードの抜き差しもいらない、ただ置くだけの充電

 |