腰痛を招く座り方していませんか?正しい座り姿勢で悩み改善!

腰痛を招く座り方していませんか?正しい座り姿勢で悩み改善!

みなさん、ふとしたときに腰が痛い、重いと思ったことはありませんか?
ご自身で腰痛と自覚していなくても、普段の生活習慣が腰痛を引き起こす原因となることが多くあります。私は、以前引っ越し作業をおこなって以来、辛い腰痛に。普段から座り姿勢で仕事をすることが多いことも重なって、慢性的な腰痛になってしまいました。わたしの場合、引っ越し作業というトリガーがありましたが、気づかないうちに腰に負担がかかり、腰痛を発症してしまう人が多いのではないでしょうか。

 

腰痛の原因

 

さて、そんな腰痛には様々な原因があります。そのうち原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。
これらは、レントゲンなどの検査により特定することができる一方、残りの約85%は、検査をしても腰痛の原因が特定できないといわれています。このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあり、大きくは以下3つが関係していると考えられています。

腰痛の原因データ

1.身体的影響
  長時間同じ姿勢でいる仕事(デスクワーク、パソコン作業)、スマホ操作、運動不足など(腱鞘炎や打撲など、ある部分に炎症が起こり、痛みを起こす場合)

2.心理・社会的影響
  ストレスの多い職場、家庭内不和、不安、不眠など

3.神経の障害
  病気などによる神経の切断・圧迫など(傷や炎症などが見えないにもかかわらず痛みがある場合)

これらが複雑に合わさると、痛みが慢性化することも多くあると言われています。

 

その悪い姿勢、腰痛の原因に繋がっているかもしれません。

 

今この記事を読んでいるあなたの姿勢、大丈夫ですか?
私は通勤でバスや地下鉄に乗ったりするのですが、他の乗客の方を見ると、背中を丸めてスマホを触っている方が多くいます。スマホに夢中になっているのか、猫背で姿勢が悪くなっていることに気づかないのです。 こうして自分が知らない間に、悪い姿勢が癖になってしまうのですね。
悪い姿勢をとり続けるということは、一部の筋肉や骨だけがカラダを支えて、姿勢を維持している状態です。 つまり、カラダの一部に対して通常よりも大きな負荷をかけてしまっていることになります。 さらに、腰痛の人は、立っているときよりも座っているときの方が腰への負担が大きくなります。
これは、立っている状態では脚の筋肉や腹筋、背筋などで体重を支えていますが、座ると腹筋が緩んでしまうため、その分の負担を骨が支えることになるからです。

良い姿勢=体に負担が掛からない姿勢
悪い姿勢=体の一か所に大きな負担が掛かり続ける姿勢

つまり、腰に負担を掛ける悪い座り姿勢が腰痛を招くのです。

 

知っておかないと怖い!姿勢が悪いとデメリットばかり!

 

悪い姿勢を続けてしまうと、腰痛だけでなく肩こりや不眠症、ストレスなどの精神病にも繋がってしまいます。 また、外見的にも姿勢が悪いとあまり印象がよくありませんよね。 つまり、悪い姿勢はデメリットばかりです。
放っておくと、生活に支障がでるような病気にかかり、気付いたら手遅れに…なんてこともありえます。
わたしはまだ大丈夫といった、その油断があなたの健康を害するという危険に近づけてしまうのです。

腰痛を招くと、健康的な不調や精神的ストレスをかかえてしまう。

 

今からもできる腰痛の改善方法

 

たった今のあなたの姿勢はどうですか?
腰痛対策・腰痛改善のための座り方をお伝えします。
座り姿勢の基本は、背骨と首をしっかりと伸ばして、「骨盤を立てた状態」で座ること。また、腹筋に力を入れて座るとなお良いです。(骨盤と姿勢の関係をメインに説明。) 椅子でも床でも、背骨や骨盤への負担が少ない座り方が理想です。骨盤を構成する座骨の左右の先端が床、若しくは、椅子の座面にしっかり当たり、2点で上半身を支えます。

床での正しい座り姿勢で腰痛を改善

【床での座り姿勢】

壁や座椅子などによりかかって座りましょう。体重を壁や座面に分散できるため、負担が軽減されるはずです。
その際、体のバランスが崩れる横座りは避けて、あぐらや体育座りなどをするようにしましょう。

【椅子での座り姿勢】

膝がお尻の位置よりも上にくるような椅子がいいですね。膝が低い位置に来てしまう場合、フットレストや雑誌などを置いて調節しましょう。
改善点をご紹介いたしましたが 腰痛を治すにはダイエットと一緒で意識付けないとなかなか続かないですよね。 腰痛の改善点としてポイントとなるのが「正しい姿勢で座る」。
正しい姿勢を保ちたい!けれど、意識的にずっと良い姿勢を保つと逆に疲れてしまうし、意識していないと悪い姿勢に戻ってしまいます。

椅子での正しい座り姿勢で腰痛を改善

 

正しい姿勢で座りたいなら

 

そんなあなたにオススメしたいのが、腰・背中が凛とした姿で座ることが出来る「骨盤座椅子 凛座」です。
この商品のポイントとなるのは背当てが背筋軸をピンポイントに押さえ背筋をしっかりとサポートします。座面は座ることにより、骨盤をしっかりと支え前ズレ防止になるように傾斜がついています。座るだけで意識せずに‘正しい姿勢’になることができます。
この商品だけ使うのではなく普段使用している座椅子の上に敷いて座ることもできるので 特にデスクワークが多い方など仕事中に使用することもできます。
コンパクトなのでお部屋の邪魔もせずに使えるので安心ですね。

骨盤座椅子 凛座で簡単に自宅で骨盤矯正

骨盤座椅子 凛座
座り姿が「凛」となる。


【凛とした姿勢を長時間、ラクに維持できる。骨盤から腰椎のポイントを押さえたクッション】
美しい姿勢、すなわち正しい位置で座る姿勢こそ、長時間疲れない。
コンパクトながら、骨盤から腰椎という「座り姿勢」のポイントをしっかり押さえ、
凛とした姿勢を楽に維持してくれる「骨盤クッション 凛座(Linza)。

凛座エアリフトで腰痛の原因を根本から取り除く

凛座エアリフト
腰の悩みに動かすという新発想

長時間の座り姿勢も腰が動いて気持ちいい
骨盤と腰椎を自動で動かし長時間座っていても腰を楽に

首都大学東京との共同開発により生まれた2段階の自動腰椎運動システムを搭載。

長時間の同一姿勢での座位は血液の流れの阻害が起こり、腰背部の筋肉疲労,および腰痛の原因の一つとなります。

バックレストの自動形状変化機構を持つ「凛座エアリフト」は、バックレストに搭載されたエアバッグがプログラムされたタイミングで膨らむ事により、骨盤周りを動かすことで腰部筋肉の血流阻害を防止します。

この画期的な機構により長時間の同一着座姿勢における血流阻害を原因とした腰痛防止効果が期待できます。

第23回日本腰痛学会学術集会にて報告されています。

参考文献
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/gaiyou/common/pdf/research01.pdf
http://www.yakult.co.jp/healthist/234/img/pdf/p20_23.pdf
http://toutsu.jp/pain/yotsu.html

 |