足裏から健康に!!~何事も土台が大事~

健康は足裏から作られる

外反母趾や偏平足、開帳足など足の悩みを持つ方は多いと思います。それだけではなく、最近では膝や腰、肩、身体の歪みなどのお悩みでも足元のケアをきちんとすると解決できるという考えが広がっています!

足裏コンシェルジュ 逸見裕子先生のご紹介

10代~20代の頃、体が弱く胃腸・腎臓に不安を抱えていたが、自身の父親が「人は足元が大切だ!」と開発を始めたインソールを試してみたところ、胃腸の調子が驚くほど改善。さらに父親の友人の医師に「足裏を整えて歩くことで、ふくらはぎ⇒内腿⇒インナーマッスル(特に骨盤底筋)が効果的に使えるようになり、内臓下垂が改善した可能性が高い」とコメントをいただく。
この体験をもとに、足の大切さや素晴らしさをより多くの方に知っていただくため、2000年頃より足の研究・トレーニングメソッドの開発・インソール等ツール開発を開始。
現在は、爪のトラブル予防のためのフットケア技術考案、インソール技術開発、足のトラブルテーピング技術考案、足から全身を整える骨調整メソッド考案、トラブル知らずで効果的に歩くためのサークルウォークを提唱。

まずは、セルフチェック!
  • 1.今触っているのはどの足指でしょう??
    ①目を閉じた状態で、他の人に指の腹を軽く触ってもらいます。
    ②どの足指が触られているか当ててみてください。
    手の場合はどの指が触られているか分からない人は少ないと思いますが、足指になると左右両方正解したのはたったの7%という結果が出ています。驚きですね…。

  • 2.足指じゃんけん
    ①足指で「グー」「チョキ」「パー」をします。
    ②左右の足指でじゃんけんをしてみてください。
    うまく「グー」「パー」「チョキ」ができない方は要注意です。普段から足指がほとんど使えていない状態で歩いている可能性があります。

足裏を鍛えるとなぜいいの??

外反母趾・扁平足・踵骨骨棘・足底腱膜炎・モートン・タコ・魚の目・開帳足・浮き指・O脚などなど… 足のトラブルが改善はもちろんのこと、膝・腰・肩・顎関節など体の歪みトラブルが改善される人もいます。
さらに、胃もたれ・便秘などが改善し内蔵機能UPする効果も期待できます。そして、自律神経が整い、ストレスがない状態に導かれ快眠できる場合もあるようです。
足を満たすと書いて「満足」になります。みなさんも、「満足」をつくりませんか??

足裏を鍛える方法
  • 1.しゃくとり虫
    ①足の親指と小指の付け根、かかとの3点で重心を取りまっすぐ立ちます。
    ②指を左右交互にぎゅっとにぎるようにして、前に進みます。
    始めは全く進まない方もいるとは思いますが、足指が使えてくるようになると、かなり速いペースで前に進むことができるようになります!毎日1~3分継続して行いましょう!

  • 2.足指ストレッチ
    指の付け根を意識しながら、足指をにぎります。
    浮き足で指が使えていない歩き方をしている方は、足指の関節可動域が狭くなっている可能性があります。そのまま放っておくとどんどん悪化していってしまうため、足指関節のストレッチを習慣にしましょう!


↓↓おススメの商品はコチラ↓↓

 |