腰痛の現状と原因大調査

ラボネッツ腰痛大調査2017①

日本人の約80%が人生で1度は経験するという「腰痛」。日本人の国民病ともいえる腰痛は、骨盤を科学するブランドラボネッツにとって大きなテーマです。この度、ラボネッツは「腰痛調査2017」を実施いたしました。1,706名のアンケート回答から見えてきた座り姿勢や時間、職業、生活習慣などと腰痛の関連性をレポートします!

<調査概要>
・調査期間:2017年2月7日~2月21日
・調査対象:日本在住の10代~70代男女
・調査人数:1,706名
・調査方法:Webアンケート調査

やはり座り時間の長さはダントツ!デスクワーク

職業別の1日の平均座り時間に対する回答では、「事務職・デスクワーク」が他の職業よりも顕著に長時間座っている実態が判明しました。10~14時間座っている割合は、全職業では15.4%に対し、「事務職・デスクワーク」では28.4%と高い数値となりました。

長時間座れば座るほど休憩しなくなる・・・

座り時間の合間にどれほどの頻度で休憩を取っているかという質問に対しては、長時間座っている集団ほど休憩頻度が低くなるという結果でした。 欧米では、長時間座っていることは健康に良くないという学説(※1)もあります。日本人の座り時間の長さとその危険性が懸念されます。 ※1 クイーンズランド大学 ジェネヴィーヴ・ヒーリー博士 他

身体を動かす職業だけではない!デスクワークも9割が腰痛罹患

重い荷物を持ち上げたり、身体をハードに動かす仕事の方が腰痛になりやすいというイメージもありますが、腰痛の罹患経験がある人は全体の9割にのぼり、「運輸・宅配」「介護・看護」と「事務職・デスクワーク」の罹患割合は同等に9割を超える結果となりました。座る時間の長い職業の腰痛リスクも見えてきました。

骨盤の傾きが強いと腰痛を繰り返しやすい

仰向けに寝た時に腰部に隙間がどの程度できるかを自己診断してもらい、「手が2枚入る→骨盤前傾気味」「手が1枚入る→ほぼニュートラル」「全くすきまがない→後傾気味」と定めました。その集団ごとに腰痛の罹患回数を集計したところ、前傾・後傾いずれかの兆候がある集団の方が複数回腰痛を罹患している結果が出ました。

座っている時間が長いと腰痛を繰り返しやすい

座り時間の長さと腰痛の罹患頻度との関係性を集計しました。座り時間が長い集団ほど、6回以上腰痛を罹患している割合が高くなっています。 長時間座り続けることで腰への負担がかかり、腰痛を何度も繰り返しやすくなる傾向が読み取れます。

9割以上が座り姿勢と腰痛に関係ありと感じながら 約4割が正しい対策が分からない

座り姿勢と腰痛に関係性があると思うかという質問に対しては9割以上が「関係があると思う」と回答しています。ただし、姿勢グッズや運動などの腰痛対策をしているという率は20%に届きません。その理由としては約4割が「方法が分からない」という回答でした。普段の腰痛ケア方法を伝える必要性を感じさせる数値となりました。

姿勢の悪さは自覚しつつも、姿勢グッズはほとんど使っていない

ご自身が姿勢が悪いと自覚しているか、という質問に対しては9割以上の方が自覚をしていました。しかしながら、姿勢を良くするグッズの使用率は1割前後とかなり低い数値になっています。 悪いと分かっているけれど、何をしたらよいかわからない・・・という実態が見えてきました。


↓↓おススメの商品はコチラ↓↓

 |