おっぱい番長!?今話題のあの人のバスト施術

reika

おっぱい番長 朝井麗華 (美容家、経絡整体師) 臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、
中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚める。
ゴッドハンド・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり、
中国推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだ独自の技術でホリスティックな施術を提供。

中でもバストを中心とした施術の的確さから「おっぱい番長」
と称されるようになり、訪れた人は必ずバストに良い変化が見られ、
ボディにメリハリが生まれ、からだの調子もよくなるとの定評がある。

REIKA_-03 美しいバストを保つためのポイント


1.バストはつぶさず、深い呼吸ができること

カシュクールタイプの立体縫製がバストを優しく包み込みます。
ノンワイヤーだけど、バストを立体的に保ちます。
ノンワイヤーで着心地らくらくなのにこの立体感を実現しました。
REIKA_-04 (1)


2.胸を張って、大胸筋を縮こまらせないこと

バストが下がらないように支えている、「大胸筋」が縮こまると、胸を高い位置に吊り上げておくことができません。
REIKA_-05


3.美姿勢を保つこと

姿勢が悪いと大胸筋が固まってしまい、バストが下へ引っ張られてしまうので、肩を開いて、美姿勢を保つことができるたすき掛けを採用。パワーの強いメッシュ生地が肩甲骨を意識させ、美姿勢を保ちます。
REIKA_-06



4.肋骨にお肉を逃がさないこと

超ワキ高設計で”ワキ肉”を逃がさず、バストに持ってくるクセをつけます。段差のないきれいな背中を実現します。



朝井麗華(あさいれいか)

福岡県出身。1979年生まれ。
東京 恵比寿にてプライベートサロン「気・Reika」主宰。
臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚める。
ゴッドハンド・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり、中国推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだ独自の技術でホリスティックな施術を提供。
肩こり・腰痛等一般的な症状の改善は元より、美容面では“痩せるサロン”や“小顔サロン”等、実力派サロンとして数々のメディアで紹介されている。
中でもバストを中心とした施術の的確さから「おっぱい番長」と称されるようになり、訪れた人は必ずバストに良い変化が見られ、ボディにメリハリが生まれ、からだの調子もよくなるとの定評がある。
現在は施術以外にも、独自技術のスクール、美容健康に関するセミナーや書籍へのコメント、メディア等で専門家としての講師業も行っている。

 
 

 

 

 

 |