仕事の合間にスマート目元ケア♪menionご紹介 vol.2

こんにちは、スタッフのマサダです。

最近、慢性的な腰痛になってしまい、接骨院に通っています。

年齢をとても感じる今日この頃・・・
これまでのように体を酷使しすぎず、ちゃんとケアしてあげないとなあ・・・と反省中です。

そこで今回は、簡単に日ごろのケアができるスマートなアイテムをご紹介します。

以前も一度ご紹介した目元用menionです。
(腰ではなく、目元ケアです…。)

仕事柄、ほとんど一日中パソコンの前にいるマサダにとっては、嬉しいアイテム。
今回は、よくお声を頂く疑問点からmenion(メニオン)の本体部分をご紹介。


1.menion(メニオン)のスイッチはどこ?


実はあえて、わかりづらくなっているんです。
menion(メニオン)はとにかく、シンプルに、ミニマルなデザインを意識しているので、
スイッチさえも隠してしまうという大胆かつ繊細なモノになっています。





と言っても、本当にわからなかったら使えないので、
届いた段階では、透明のシールがガイドとして貼付けされています。

よくあるスイッチマークのシールです。

なんとなくこのシールを貼ったまま使うのか、と思ってしまいがち・・・
ですが、絶対取った方がかっこいい!


ということでペロッと取りました。

まさに冒頭でお話したように、スイッチはどこ?状態

シールがなければスイッチの存在は一瞬にして消えました。

このふわりと白い、やんわり丸い、
かわいらしいフォルムがなんとも言えないですね。


2.menion(メニオン)はどうやって充電するの?


むしろ充電式なの?という感じですが、充電式です。

しつこいですが、

menion(メニオン)はとにかく、シンプルに、ミニマルなデザインを意識しているので、
充電方法さえもこだわり抜いています。

デザインの邪魔をしないように、menion本体には一切コードの差し込み口はありません。





menion(メニオン)は、接触充電を採用しています。

「接触充電」とは?

簡単に言うと、「台に置くだけで充電ができる」というものです。

あのスイッチが隠された部分を台置くだけ!
なんともスマートに充電されます。

コードを抜き差しするわずらわしさがないので、
目が疲れたな・・・

と思った瞬間、さっと使うことができます。


いかがですか?

今回は、本体の謎に迫りました。

シンプルを追及した目元ケアガジェット

かっこいいですよね。

むしろ、この丸みとふんわりした白さは、かわいいですよね。

次回は、menionのフォルムができるまでに迫ります!


contents_face 執筆者:マサダ

京都生まれ、滋賀育ち。
お酒大好き。最近健康を考えて、和食を作る自炊男子。

 

0070-5109_001_main
hushtime 目元用 menion

疲れを感じたそのときに 癒す あたためる
長時間PCやスマホを見る生活を送っている現代人は、画面を凝視することでまばたきの回数が少なくなり、目に負担がかかりやすくなります。
目元を温めることは目の乾燥対策に有効で、医療現場でも目の周りを温める「温罨法(おんあんぽう)」と呼ばれる看護技術が推奨されています。
PC作業の合間にこまめに目元を温め、適度な休憩をとることは目のリフレッシュにおススメです。
・わずか10秒であたたまるスピード設計
・3種類の温度設定
・“感じたその瞬間”にこだわった設計デザイン
・コードの抜き差しもいらない、ただ置くだけの充電

 |