寝る時に腕あげてませんか?肩甲骨のストレッチでお悩みとサヨナラ!

肩甲骨ストレッチその1
肩甲骨、ちゃんと動く?固まっていたら要注意!!ストレッチで軽い肩に

肩甲骨ストレッチ

背中に羽のように左右に並んでいる「肩甲骨」。読んで字のごとく、肩の起点となる骨です。
実は、この肩甲骨、肩こりに関係の深い3つの筋肉とつながっています。肩甲骨周りが固い場合は要注意!肩こりが進行しているサインです。

猫のしなやかな身体は、柔らかな肩甲骨がカギ

はるか昔、人間は、猫や犬と同じように4足歩行をしていました。それが2足歩行になり、文明が発達すると肩甲骨周りの筋肉を使う頻度は減り、肩こりが生じるようになったと言われています。 猫、と言えば、多少高いところから落ちてもくるりと身をかわしながら着地できるしなやかさ、柔らかく、緊張のないすっきりした身体を思い出しませんか? 猫の柔らかさの秘訣は、ずばりしっかり肩甲骨を動かせていることにあります。

猫のような柔らか肩になるためのストレッチでトラブル知らず
肩甲骨ストレッチ
●全身を活用して、効率よく肩・背中のストレッチをします。
●四つ這いになって、腕を伸ばして顔を床につけるような状態で、息をゆっくりと吐きながら、背すじを反らします。
●この時に、胸の伸び、お尻の伸びをしっかりと意識してください。

 

肩甲骨ストレッチ
●次に、手を横に広げて、顔を左に向けて上半身をひねります。また、右も、同じようにひねります。

 

肩甲骨ストレッチその2
水着仕様のセクシーな背中は肩甲骨ストレッチで手に入れよう!!

海 女性

いよいよ今年も夏はもうすぐそこ!
もうすでに水辺のレジャーやBBQなどの予定が入ってる☆なんて方も多いのでは??
ところであなたの背中、水着を着こなす準備は出来ていますか??
冬、厚着に油断して、気付かぬ内にたるんだ背中・・・。せっかく新調した水着も台無し・・・
なんてことのないように、今のうちから整えておきましょう!

肩甲骨の浮いた背中は断然セクシーに見える!

ヘアメイクをばっちり決めて、アクセも完璧。お気に入りの水着もいい感じ・・・ちょっと待った。セルフチェック、前から見た自分の姿しかできていないのでは?
自分の姿を見る時は、大抵正面からの場合が多いですが、他人が自分を見る時は、「横から」「後ろから」の角度が圧倒的に多いもの。お友達といる時も、正面からじっくり見るよりも他の角度から見る機会が多くありませんか?
ハリウッドスターなどセレブと呼ばれる人たちは、ドレスアップをする時に必ず多面鏡を使用していると言われています。人から見られる職業だからこそ、他人の視点を想定して、チェックをぬかりなく行なっているんですね。
特に、首と同様、背中は年齢を表します。加齢や姿勢の悪さで、背中の筋肉は固くなり、その上についている脂肪や皮膚は確実にたるんでいきます。ブラの線が食い込んで見える背中も、そのせいなのです。
カギを握るのは、肩甲骨。肩甲骨周りの筋肉がやわらかく自在に動く状態であれば、たるみにくくハリのある背中が保てます。肩甲骨周りをストレッチでしっかりほぐし、理想の背中を作りましょう!

寄せて上げる、ネコのポーズのストレッチで、理想のスッキリ背中へ!
肩甲骨ストレッチ
●四つ這いの姿勢をとり、肩をすくめてほおに近づけるようにしながら、背中を丸めます。
肩甲骨ストレッチ
●ゆっくりと肩を下ろし、お尻をかかとに下ろしながら腕を伸ばします。
●肩甲骨が上下にしっかりと動いている感覚を意識しながら、行なってください。

これが、肩甲骨を上下にじっくり動かす美背中ストレッチです。

肩甲骨ストレッチその3
しつこい頭痛を引き起こす肩甲骨をストレッチ!

机女性

5歳以上の日本人の3人に1人は慢性頭痛持ちと言われ、年々増加傾向にあります。
特に肩こりや首などに不調を抱えている人は頭痛になりやすく、パソコンやスマホの普及で今後さらに増えることが予測されます。
仕事も家事も手につかない、気分も落ち込む。。。
そんなことになる前に予防しておきたいですね。

こりを抱えている人ほど頭痛になりやすい

先ほど述べたように、肩や首のこりがある人ほど頭痛の割合が高くなります。筋肉がこっていると、血流が悪くなり、脳に酸素がまわりにくくなります。
また、こりを抱えていることで心理的な緊張感を高め、頭部の血管を拡張させてしまい、頭痛につながります。
低気圧が続く時も要注意です。梅雨や秋雨、台風などの悪天候だと気圧が低くなり、その影響で頭部の血管が拡張します。低気圧の時はお酒はおすすめできません。鎮静効果のあるカフェインを摂ったほうが良いでしょう。
頭痛になりそうだな、とちょっとでも不安を感じたら、こりをほぐすストレッチでしっかり予防しましょう。

肩甲骨を動かすだけで頭痛の予防に!肩甲骨パタパタストレッチ
肩甲骨ストレッチ
●肩を力を入れながらゆっくりと引き上げます。
●ストンと脱力して、肩を落とします。これを10回ほど繰り返します。
肩甲骨ストレッチ
●次に、肩が落ちた状態で、肩甲骨周りの筋肉を使うように意識しながら、肩甲骨を寄せます。
●脱力しながらもとに戻します。これを10回ほど繰り返します。

これが、肩のこりをほぐし、血流を良くして頭痛を防ぐストレッチです。

この3つのストレッチを取り入れて、体のお悩みともさよならしたいですね。

 

肩甲骨のストレッチなら、整骨院の揉みほぐしを再現した『えいマット』がおすすめ!

どんよりと重い首や肩、パンパンの背中、下着が食い込むたるみに悩んでいませんか?

とくに疲れるようなことをしたわけでもないのに、なぜかダルさを感じたり、上半身だけがパンパンでガチガチなのは、肩甲骨周りの筋肉『脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)』がガチガチに固まっているからかもしれません。


そんなときにせひお役立ていただきたいのが、『えいマット』なんです。

えいマット

淡いピンク色と、ちょっと変わった形状、あえて曲線状にたった不安定な底面が特徴的な『えいマット』は、上半身・・・とくに背中・わき周り・お腹周りが気になる方に試してみていただきたいマッサージ用エクササイズマットです。

使い方はかんたん。

このマットを床に敷いて、その上に仰向けに寝て、体を左右にゆらゆらと揺らすだけ。

えいマットの使い方

それだけで、特殊加工された10個の突起が筋肉にグイグイ刺激を与え、まるで熟練の整体師に施術を受けているかのような気持ちよさを実感していただくことができるのです。

名前のとおり、海洋生物である「えい」を模したデザインだからこそ『えいマット』という名前なのですが、専門家と共同開発された製品だけあって、この形、大きな、硬さにもちゃんとした理由があるんですよ。

1.背筋にあてたときに、肩甲骨にすっぽり収まる形状
2.背筋の曲線に沿わせたちょうどよい角度
3.気になる部分をしっかり指圧してくれる強力な指圧突起
4.自分の体重でゆらゆら、リラックスしながらコリをほぐしていただけるスイング機構 
5.硬すぎず、柔らかずの最適な刺激になるよう、素材を最適な硬さに調整

と、これまでのストレッチ器具とは異なる、首、肩甲骨、腰に特化したエクササイズマットになっています。

えいマットの形状

指圧を担う突起部分も、

・特大サイズの強力な刺激を与える突起×2個
・ピンポイントで指圧するレギュラー突起×4個
・ほぐしの役割を担う浅めの突起×6個

と、身体や筋肉の位置に合わせて調整・チューニングされています。

えいマットの効果

肩甲骨周りをほぐすために開発された、まさに肩甲骨専用マットといっても過言ではないのですが、首回りや腰回りにもピッタリの形状になっていますので、上半身全体にお使いいただくことができます。

素材感はこのような感じ。

滑り止め効果もあるマットなベースに、突起部分だけはつるつるした加工になっています。

えいマットの素材感


また、硬すぎず、柔らかすぎず、絶妙な硬さに調整されたポリウレタン製なので、安全にお使いいただけるだけでなく、プロの整体師に指圧されているかのような絶妙な揉み心地を再現

2012年の発売から、累計14172個の出荷実績を誇るロングセラー製品で、ここ最近の肩甲骨ブームの立役者といっても過言ではない製品なのです。

身体や筋肉を考慮して配置された10個の指圧突起で、「刺激して、ほぐして、活性化する」の3ステップ。

リラックスタイムに寝転びながらゆらゆらと体を揺らしていただくだけで、気分も軽やかな毎日に。

ガチガチの背中もコリも、のしかかる重みも、1回1分の簡単エクササイズでスッキリ。

お風呂上りや就寝前など、気が向いたときに1回につき1分程度お使いいただくだけで、肩&背中、首&肩、腰&お尻を効率よく、気持ちよく、ほぐしていただくことができます


プロイデアの大ヒット商品『えいマット』は、以下のようなお悩みをお持ちの方にとくにおすすめ

えいマットは、

●上半身がずっと重い感じがする
●なんだかカラダがスッキリしない
●肩や首がなんとなくズッシリする
●お風呂に入っても疲れが取れない
●時間ななくて整体やマッサージに行きたくても行けない
●身体のたるみをなくして、ピタッとした服を着たい
●じぶんの好きな時間や場所でリラックスしたい
●自分のペースで揉まれたい・ほぐされたい
●つらい運動はしたくない
●時間がかかるのは嫌だ
●大きなスペースが必要な機械は使いたくない

といった方に最適なエクササイズマットとなっています。

 

オリンピック選手のトレーナーが監修・推薦しています

岩間良充(いわまよしみつ)先生

このえいマットは、カリスマ柔道整復師として有名な岩間良充(いわまよしみつ)先生が開発・監修を手掛けています。

器具や薬を使わずに自らの手で行う手技療法を得意とされており、これまでに延べ20万人を手掛け、五輪選手トレーナーとして全日本選手権優勝と日本新記録の更新にも貢献してきた鍼灸整骨院ホスピストの院長、岩間良充先生のおはなしによると、

コリ固まった筋肉に対して刺激を与えることで、血行が促進され、本来の伸縮能力と柔軟性を取り戻し、コリが解消されます。また、背骨の補正をサポートし、上半身の活性化を期待できる

とのこと。

指圧効果により筋肉の疲れが取れて、とくに肩甲骨周りがスッキリします。


いままでなんとなく上半身が重く感じたり、ガチガチになっていると感じていた方には、ぜひとも試していただきたい逸品です!

⇒プロイデアの肩甲骨専用ストレッチエクササイズアイテム『えいマット』の詳細・ご購入はこちら

えいマット

 


↓↓関連記事はコチラ↓↓

↓↓その他おススメの商品はコチラ↓↓

 |