便秘。。薬は効果薄れて打つ手なし。。え?便秘に効くストレッチがあるって!?

お腹ストレッチその1
便秘や胃もたれは下腹・腰ストレッチから治す!

便秘

ツライ便秘や胃腸の不調。悩んでいる女性も多いのでは。
不調を抱えている内臓そのものをケアするのも大切ですが、内臓を支えている下腹や腰の筋肉にも原因があるかもしれません。

下腹や腰の筋肉を活性化すれば、内臓もイキイキ

食事で口から入った食べ物が内臓を通る時は、内臓そのものも動いて消化をしていきます。ただ、内臓の周りの筋肉がこり固まった状態だと、内臓の動きも鈍くなり、便秘や胃腸の不調にもつながります。
普段運動不足で、お腹や腰の筋肉を使う機会が少ない人ほど、日々の簡単ストレッチで、筋肉を刺激してあげることが大切です。

腰に枕を当てて内臓イキイキストレッチ!腰痛予防にも効く
便秘
●ベッドで、手足を伸ばした状態で腰の下にまくらをあてて寝ます。
そのままゆっくりと、左右にひねりを入れてみましょう。
便秘
●太ももから腹部の筋肉のストレッチを強化するために、ひざを曲げたまま、できれば、正座姿勢のまま、後ろに倒れた状態で、同じようにまくらを腰にあてます。
そのままゆっくりと、左右にひねりを入れてみましょう。
便秘
●これを、ゆっくりと、左右5回ほど、繰り返します。
お腹ストレッチその2
便秘知らずのスッキリお腹はストレッチで!

ジュース女性

しつこい便秘。悩んでいる女性、多いのでは。
長い人では子供のころから10数年以上、悩まされているという声もあります。お腹がぽっこりと出た体型にもなりやすい便秘。解消するための秘訣はストレッチでした。

便秘薬に慣れてしまったら危険!適度にお腹をほぐし、刺激することが根本的に必要

どうしても出なくて辛い時に頼ってしまうのが便秘薬。飲めばすっきりするので手放せないですよね。
ところが最近、便秘薬の過剰な服用によって、より便秘になりやすい腸の状態を引き起こしていると専門家がこぞって警鐘を鳴らしています。
運動しない固い腸にしてしまっているとか。適度な服用が大切なんですね。
便秘は、根本的には腸をはじめとする内臓の働きが鈍いことから起こります。特に運動習慣の無い人は、内臓周りの筋肉を動かさないため、内臓を適度に刺激できなく、便秘になりやすいとか。
お腹をしっかり刺激し、内臓周りの筋肉を適度に動かすことが大切です。

内臓周りの筋肉を一気に刺激!背中のコリにも効く最強ストレッチ

内臓周りの筋肉を刺激して、腸を活性化し、ついでに背中のこりもほぐしてくれるストレッチ。是非お試しください!

便秘
●床にうつぶせになります。
●胸・お腹を反らしながら、両手それぞれで両足首を持ちます。頭を下げないように、首を後ろに伸ばして。
便秘
●そのままの状態を保って、シーソーのように前後に揺れます。お腹周りを床で刺激することを意識します。
●シーソー運動は10回程度行ないましょう。
便秘
●手を放してゆっくりと両手・両脚を下ろします。
●これを3セット繰り返してください。
女子の永遠の悩みも、ストレッチで解決できるなんて!!早速始めてみましょう!!

↓↓関連記事はコチラ↓↓

↓↓便秘にも効果があるかもしれない。そんなウエストストレッチ商品はコチラ↓↓

 |