ボーカル教室でも大活躍の、歌がうまくなるのが「見える」トレーニングツールです。

腹式呼吸 ボーカル

歌唱力を上げるためのトレーニングで重要なのは、【声】を鍛える前に、その【声】を支えている【息】を鍛えることが大切です。

【息】を強化するためには、様々な呼吸法がありますが、「腹式呼吸エクサ ロングピロピロ」は、その【息】のコントロールの能力開発に最適です。
現在生徒さんと、ボーカルレッスンの前に必ず「腹式呼吸エクサ ロングピロピロ」を活用したトレーニングを行っています。できるだけゆっくり拭き戻したり、途中で止めて維持したり、というトレーニングをします。【息】を大きく小さく、早く遅く、指定された方向に集中して、などの指示に応えられるかどうか。これらの指示を単なる説明ではなく「見える化」することで、生徒さんとコミュニケーション、評価ができるので、これまでにない大きな教育効果を感じます。

腹式呼吸 発声

ボイストレーニングでは一般に、まず十分な「声量」を出せるように【息】を鍛えて、その上で「声量」を繊細にコントロールするための【息】のコントロール能力をみがき、そのベースの上に「発声」を乗せていき、「声量」と「発声」の総合力としての「歌唱力」の強化を目指します。

「声量」を左右する【息】の変化が、その時々のピロピロ状態が伸びたり縮んだりすることで、 「見える化」されるというのがすばらしい特徴です。思い切って大きく伸ばすことは訓練で誰でもできるようになります。無理なく大きくピロピロを伸ばせるようになるというのは、【息】のまさに、「量」を見ることになりますが、さらに大切な能力は、好きなところでとめたり、細かく刻みながらピロピロを伸縮させるなどの【息】をコントロールする力を見るということになります。自分の呼吸が見えることで、「声量コントロール」のアドバイスの一つ一つが、講師である私と生徒さんとの間でイメージ合わせができます。

腹式呼吸はもちろん、私たちの独自プログラムである「みぞおち」に力を集中させることで、横隔膜を引き下げて肺を大きく開くような「みぞおち呼吸メソッド」の呼吸法を学ぶのに、効果的なグッズです。この場合「トルネ8」も併用して、みぞおちの筋肉に意識が集中する呼吸法のトレーニングをするとより効果的です。

私は「シード・マスター」という会社で、 ボーカルトレーニングやラテン音楽のサルサダンスのスクール、イベント事業を展開しています。私自身も事業経営に携わると共に、スクール講師、イベントプロデュース、自ら歌手、ダンサーとしても、ステージで活動しています。
生徒さんが、どこまで【息】のコントロールできる人なのか「見える化」できるので、まさに一目瞭然です。生徒さん自身も、到達する目標が「見える化」できて、言葉だけで指導するより、改善内容、メソッドが伝わります。

腹式呼吸 ボイストレーニング

 

↓↓今回お試し頂いた商品の詳細はコチラ↓↓
腹式呼吸エクサ ロングピロピロ
価格(税込):813 円
懐かしのピロピロがエクササイズグッズになって登場。
1日10吹き(目安)でロングブレスが簡単にできる。

その秘密は最長約1mまで伸びる特殊超ロングピロピロ。
吹くだけで簡単にお腹を意識した腹式呼吸をサポートします。

より負荷を与えるため3本の針金が入っており、吹く・戻すの両方で腹式呼吸の効果アップの手助けをします。

4段階に印がついており、印の段階に合わせて吹いていくだけの簡単エクササイズ!!

 

↓↓他にも、腹式呼吸のお悩みにおススメの商品はコチラ↓↓

 |