ダイエットに疲れた方に朗報です。自宅で楽しみながらできる運動法とは?

数々のダイエットに疲れてしまっていませんか?

これまでいくつのダイエットを試したことがありますか?
食生活の制限やハードなトレーニングなどカラダに負荷を与え続けてストレスを感じていると思います。
体重のコントロールは難しく、最初に変化を感じても同じように変化を感じ続けることはなく、ある程度一定期間があります。変化がないことに苛立ったり、諦めたりしてしまうのではないでしょうか。
それでは、ダイエットにとって何が必要なのかをあらためてご説明します。

意外に見落としていたダイエットの原則とは?

流行りのダイエット法など、世の中にはダイエット法が数多く存在します。
色々な方法を試していると、そのメソッドが正しいのかどうかと思いがちですが、ダイエットには大原則があるのです。

そもそも、どうしてダイエットが必要かというと体重が理想の状態よりも重くなってしまい体型にコンプレックスを感じるようになったからと言えるでしょう。

つまり、太り過ぎてしまったからです。
太り過ぎを解消するには2つの方法が大原則です。
①摂取カロリーを減らす
②燃焼・消費カロリーを増やす
摂取カロリーを減らすとは、食事制限などをしてカラダに入るカロリーを適量にコントロールするということです。
消費・燃焼カロリーを増やすとは、運動などをしてカラダの代謝を高めて入ってきたカロリーをしっかり燃焼するということです。
入ってきたカロリーが消費されるカロリーよりも多いと太ってしまうので、ダイエットを成功するには食べる量を減らすか、運動量を増やすかということが重要になります。

自分でコントロールし易いのは消費・燃焼カロリーを増やすこと

ここで、どちらを優先にするのがダイエットを継続しやすいのかについて考えましょう。
結論から言いますと、ずばり消費カロリーを増やす=運動量を増やすことです。
摂取カロリーを減らすには食事制限が代表的ですが、人間の三大欲求の1つである食欲を抑えることはかなりハードルが高いことを理解してください。
従来人間は生きていくために食べなければいけません。食べることは必要不可欠であり、毎日のモチベーションにも繋がります。
そう考えると、食べる量を減らすよりも運動量を増やすことの方がカンタンだと思いませんか?

とは言え、運動量を増やすにもハードルがあるのは事実です。
成功のポイントは大袈裟な運動を考えないことです。
運動量を増やすと言っても、いきなりマラソンを始めたりする必要はありません。
例えば駅では階段を使うようにしたり、一駅前から歩いたり、ちょっとした動作を変えることでも運動量は増加します。

その他にも、代謝を高めるために気をつけたいポイントをいくつかご紹介します。
・姿勢を良くする
・歩くときは歩幅を広げて早く歩く
・食事はよく噛んで食べる
・腹式呼吸で体調を整える
・しっかり湯船に浸かってお風呂に入る
このように、日常生活での習慣を少し変化させることでもダイエットに繋がりますのでぜひ取り組んでみてください。

>>効率派におすすめの1日5分の踏み台昇降運動ツールのご紹介です。音と光と音声で応援してくれるので楽しみながらダイエットを続けることができます。最新のダイエットツールの魅力をまとめていますので、こちらからご覧ください。

まとめ

ダイエットを継続させる秘訣は、無理のない運動です。
運動も継続しなければ効果が上がることはありませんので、まずは気軽にできることから始めてみましょう。
食事制限のような苦しいダイエットよりも運動のようにストレスを発散させながらできるダイエットの方がおすすめです。
特に自宅時間を有効にするために、自宅でできる運動ツールも参考にしてみてください。

>>自宅時間で有効に踏み台昇降運動ができる最新のダイエットツール「自宅で健康 エールステッパー」は、音と光と音声であなたを効率的な有酸素運動に導いてくれます。1日5分から始める運動で。いつでもカンタンに楽しみながら運動してみましょう。